Archive for the ‘未分類’ Category

勾配の急な道路の曲がり角付近で「右側通行」の標示があるときは?

道路交通法では、自動車は左側通行、歩行者は右側通行というのが原則であり、これに従わないで自動車を運行してしまうと、高速道路での深刻な交通事故の原因として話題となっている逆走と同様ですので、道路交通法による罰則が適用されることになってしまいます。


しかし、すべての道路において、この左側通行が守れるかといえばそうではなく、場合によっては道路の幅員や形状などの関係で、この原則が物理的に守れないといったこともあります。
例えば、山間部を走っている勾配が急な道路のカーブの曲がり角の付近などですが、こうした箇所には「右側通行」として、路面に白いペイントで右側に向かう矢印のような標示がされていることがあります。
こうした標示がある場合については、例外的に、道路の中央から右側の部分を自動車が一時的に通行してもよいことになっています。
そのような例外的な措置をとらなければ、曲がり角を曲がりきれずに、道路下の崖に転落するなど、かえって事故を起こしてしまう可能性があるためです。
ただし、これは左側通行という原則に対する例外ですので、かならず対向車と衝突しないということを確認した上で走行する必要があることはいうまでもありません。

見通しのよい道路で他の車を追い越そうとするときは?

花01追い越しという行為については、道路交通法で細かな規定があります。法律の言い回しはややこしい言い方が多用されていますから注意を要します。
まず、追い越しとは、車両が他の車両に追いついた場合、進路を変えて追いついた車両の側方を通過し、かつ、当該車両の前方に出ることを言います。


見通しのよい道路で他の車を追い越そうとするときは、追い越されようとしている車両の右側を通行しなければなりません。また、他の車両に追いつかれた車両は、その行為が終わるまで速度を上げてはいけないと義務付けられています。
前車が右折の為に中央に寄っている時は、左側を通行しなければなりません。車両通行帯が無いトンネルでは禁止されています。見通しのよい道路でも優先道路を走行している場合を除いて、交差点とその手前30m以内では禁止されています。優先道路とはその交差する道路より明らかに道幅が広い道路もしくは、白線の標示がされている場合を指します。
前車が他の自動車などを追い越そうとしている時は追い越しを始めてはなりません。
踏切や横断歩道、自転車横断帯とその手前30m以内では禁止されています。
幅6メートル未満の道路では出来ません。
日常的に車を使っているドライバーは改めて日々の運転を振り返ってみましょう。

道路工事のため左側部分だけでは通行するのに十分な幅がないときは?

車を道路で走らせるときは、基本的には左側を走行しなければなりません。
ただし、いろいろな事情で道幅が狭くなり、右側にはみ出して走行しなければならないようなときもあります。


例えば、道路工事が行われているときは、通常よりも道幅が狭くなっていることが多く、いつものように左側走行ができないこともあるかもしれません。
このような場合は、どうしたらいいのでしょうか?
このような状況においては左側走行の例外とされ、右側部分にはみ出して走行しても咎められることはありません。
実際にそのような状況のもとでは、左側部分だけでは通行するのに十分な幅が得られないので、堂々と右側部分にはみ出して走行することが許されています。
ちなみに、右側にはみ出して走行ができる例外は他にもあります。
例えば、急な勾配のある曲がり角付近で「右側通行」の標識がある場合や、見通しのいい道路で他の車を追い越す場合、車の通行のため道路幅が左側において十分でないときなどです。
このような状況においてもやはり右側部分にはみ出して走行することができますので、ぜひ覚えておきましょう。
とはいえ、基本的には車には走行していい部分と走行してはならない部分があり、車は左側走行が基本となります。

一方通行になっている道路とは?

ひまわり日本ではクルマは左側通行です。しかし、一方通行の道路ではこの制限がありません。1車線であれば真ん中を走ることができますし、2車線以上であれば、どの車線を走っても構いません。このような一方の方向にのみクルマを走ることができる道路というのは、都心部のクルマが込み合う道路に多く見られます。交通渋滞を避けるのが目的です。


 

しかし、初めてその道を通る人は、道路事情がよくわからないので、かなり運転に戸惑うことも少なくありません。曲がりたいのに曲がることができず大回りさせられてしまったり、道路標識をよく見ていないで逆走してしまったりということも起こり得ます。知らなくて逆走してしまったとしても道路交通法違反ですので、一通の多い道路では注意して走行する必要があります。

最近、逆走で問題になることが多いのは高速道路です。これは出入口が紛らわしい作りになっているときに起こりやすいようです。つまり、入口と出口が同じ一本の道でつながっているような場合です。高速道路で逆に走行することは、一般道と比べてはるかに危険です。途中で逆に走っていると気が付いても、向きを変えることも簡単ではありません。このようなことがないように、本当に注意する必要がありますね。

【知っておきたい】左側通行の原則と例外

日本では、自動車や原付自転車、自転車などの軽車両に乗って移動する際は左側通行が原則です。車両通行帯が無い道路では、自動車と原付自転車は左寄りに通行して対向車が通行できる余地を残しておき、軽車両は左端を通行します。車両通行帯がある道路では中央線より左側を走行します。車両通行帯が2つある場合は、左側の車線を走行し、右側の車線は前方の車を追い越す時と右折をする時に利用します。車両通行帯が3つ以上の道路を走行する場合でも、速度の遅い車は左側の車線を走行し、一番右側の車線は追い越しと右折のためにあけておきます。しかし、一番左側の車線が特定の車両の専用通行帯となっている場合は、特定の車両以外は右左折をする時を除いてその車線を走行してはいけません。


ただし、例外として右側を通行しても良い場合もあります。右側を通行できるのは、一方通行の道路を走るとき、工事や事故などの影響で道路の左側部分に十分な通行路が無いとき、道路の左側部分の幅が6m未満となっていて見通しが良く、標識や標示によって追い越しが禁止されていない道路で車を追い越すとき、急勾配の道路の曲がり角付近に右側通行の標示があるときの4つの場合です。ただし、一方通行の道路を走る場合を除いては、右側を通行する際にはできるだけはみ出しを少なくして走行しなければなりません。

エンジンを止めて二輪車を押して歩くときは歩行者として扱われる!

バラ03国内ではあらゆる乗り物に対して法規制が行われています。自動車の場合では、勿論ですが公道を走行させる際には、減速として自動車用の道路を走行させることが必要とされており、歩道などを走行させた場合では違反と見なされてしまいます。その一方で歩行者の場合でも、法規制が用意されていることになり、一般的には歩道を歩くことが基本とされています。


しかし、車両に分類されているものの中にはエンジンが載せられているタイプであっても、二輪車などが存在しています。主にバイクやスクーターなどの原動機付きのタイプがメインとされていますが、このタイプの車両の場合では、キーを回さずにストップさせた状態で歩行するならば、歩行者として見なされることになり、その結果として歩道を歩くことが認められています。二輪車にも複数のタイプが存在しているのですが、基本としては車種に限定されずに適用される内容を持っており、押し歩きを行うことによって普段では通過することのできない道路上でも歩くことが可能になります。その際にも自転車と同じように、周囲の人や環境にも配慮することは必要とされており、衝突してしまことが無いように十分に注意しながら移動させることが大切になります。

【知っておきたい】軽車両の通行場所

自動車の場合では、必ず道路上を走行することが求められています。一般的に言う横断歩道に関しては、安全性を確保した上では、横切ることは可能とされており、交差点などは日常的に用いられている部分としても知られています。自動車以外の車両の中には、軽車両と呼ばれているものがあります。


このタイプの車両は一般的に軽自動車と呼ばれているものとは異なるために、混同してしまうことが無いように注意したい内容を持っています。通常では該当する車両として、代表的なものでは自転車が相当することになります。自転車以外ではリヤカーや人力車、シルバーカーなども該当しています。これらの車両に関しては、道路の左側に設置されている路側帯を走行することが可能とされており、一般的な自動車では違反となってしまう部分になりますが、基本的には問題無く走行させることができます。しかし、道路によっては該当車両の進入を禁止している標識などが設置されている場所も存在しているために、常に確認した上で走行することが必要とされています。さらに歩行者の安全が十分に確保することができないような道路でも通行禁止とされている場合が見られるために、必ず注意を怠らずに走行の是非を確認する必要があります。

【知っておきたい】車の通行場所

バラ02自動車を運転する場合には、自動車で走行してよい場所と、走行することができない場所があるので注意が必要です。
運転免許証を取得する場合に、学科試験があり、自動車の通行できない場所も一度は勉強しています。
しかし、道路交通法の勉強などは免許証を取得する時にしか勉強しない方も多くいることから忘れてしまっている人も多く、警察から取り締まりを受けて初めて違反を知る人も少なくありません。
そこで、自動車で走行してよい車道と走行できない路側帯・歩道の区別をしっかりとつけておくことが大切です。


自動車は原則車道しか走行することができず、道路の両端に路側帯が設置されていることがあるのですが、路側帯に侵入して走行することもできません。
原則は、横切ることしかできず、駐車場などに入る場合に、一度一時停止をしてから横切るようにしなければなりません。
また、同一方向に複数車線ある道路の場合には、左車線を走行しなければなりません。
自動車は原則左側通行しなければならないと定められているのですが、例外もあり、中央線が引かれていない細い道路や一方通行の道路などは右側にはみ出して走行することが許されています。
道路交通法は毎年改正されているので、最新の法律を勉強することが警察に捕まらないための対策です。

【知っておきたい】車道通行の原則と例外について

自動車は車道通行が当たり前ですが、車道を通行する原則は自転車などの軽車両にも適用されます。車道と歩道が道路標識や道路標示などで明確に区別されている道路では、軽車両は車道を通行しなければなりません。また、軽車両が道路上を通行する際は、自動車と同様に左側通行を守らなければなりません。


この規定に違反すると、軽車両の運転者は3ヶ月以下の懲役か5万円以下の罰金を科されるので注意が必要です。
ただし、軽車両の通行に関する規則にも例外があります。まず、道路標識や道路標示によって歩道の通行が認められている場合は、その区間の歩道上を軽車両が通行することができます。自転車における普通自転車歩道通行可の道路標識と普通自転車通行指定部分の道路標示が設置されている歩道がこの例にあたります。また、13歳未満もしくは70歳以上の者と、身体に何らかの障害を抱えている人が自転車を運転する場合は、標識や標示の有無にかかわらず軽車両で歩道上を通行することができます。例外として標識や標示の有無に関係なく歩道上を通行できるケースはこの他にも、路上駐車の車両の列が続いていて車道の左側を通行するのが難しい場合、車道が狭い上に自動車の交通量が非常に多い道路を通行する場合などが挙げられます。