道路工事のため左側部分だけでは通行するのに十分な幅がないときは?

車を道路で走らせるときは、基本的には左側を走行しなければなりません。
ただし、いろいろな事情で道幅が狭くなり、右側にはみ出して走行しなければならないようなときもあります。


例えば、道路工事が行われているときは、通常よりも道幅が狭くなっていることが多く、いつものように左側走行ができないこともあるかもしれません。
このような場合は、どうしたらいいのでしょうか?
このような状況においては左側走行の例外とされ、右側部分にはみ出して走行しても咎められることはありません。
実際にそのような状況のもとでは、左側部分だけでは通行するのに十分な幅が得られないので、堂々と右側部分にはみ出して走行することが許されています。
ちなみに、右側にはみ出して走行ができる例外は他にもあります。
例えば、急な勾配のある曲がり角付近で「右側通行」の標識がある場合や、見通しのいい道路で他の車を追い越す場合、車の通行のため道路幅が左側において十分でないときなどです。
このような状況においてもやはり右側部分にはみ出して走行することができますので、ぜひ覚えておきましょう。
とはいえ、基本的には車には走行していい部分と走行してはならない部分があり、車は左側走行が基本となります。

Comments are closed.