エンジンを止めて二輪車を押して歩くときは歩行者として扱われる!

バラ03国内ではあらゆる乗り物に対して法規制が行われています。自動車の場合では、勿論ですが公道を走行させる際には、減速として自動車用の道路を走行させることが必要とされており、歩道などを走行させた場合では違反と見なされてしまいます。その一方で歩行者の場合でも、法規制が用意されていることになり、一般的には歩道を歩くことが基本とされています。


しかし、車両に分類されているものの中にはエンジンが載せられているタイプであっても、二輪車などが存在しています。主にバイクやスクーターなどの原動機付きのタイプがメインとされていますが、このタイプの車両の場合では、キーを回さずにストップさせた状態で歩行するならば、歩行者として見なされることになり、その結果として歩道を歩くことが認められています。二輪車にも複数のタイプが存在しているのですが、基本としては車種に限定されずに適用される内容を持っており、押し歩きを行うことによって普段では通過することのできない道路上でも歩くことが可能になります。その際にも自転車と同じように、周囲の人や環境にも配慮することは必要とされており、衝突してしまことが無いように十分に注意しながら移動させることが大切になります。

Comments are closed.