一方通行になっている道路とは?

ひまわり日本ではクルマは左側通行です。しかし、一方通行の道路ではこの制限がありません。1車線であれば真ん中を走ることができますし、2車線以上であれば、どの車線を走っても構いません。このような一方の方向にのみクルマを走ることができる道路というのは、都心部のクルマが込み合う道路に多く見られます。交通渋滞を避けるのが目的です。


 

しかし、初めてその道を通る人は、道路事情がよくわからないので、かなり運転に戸惑うことも少なくありません。曲がりたいのに曲がることができず大回りさせられてしまったり、道路標識をよく見ていないで逆走してしまったりということも起こり得ます。知らなくて逆走してしまったとしても道路交通法違反ですので、一通の多い道路では注意して走行する必要があります。

最近、逆走で問題になることが多いのは高速道路です。これは出入口が紛らわしい作りになっているときに起こりやすいようです。つまり、入口と出口が同じ一本の道でつながっているような場合です。高速道路で逆に走行することは、一般道と比べてはるかに危険です。途中で逆に走っていると気が付いても、向きを変えることも簡単ではありません。このようなことがないように、本当に注意する必要がありますね。

Comments are closed.