勾配の急な道路の曲がり角付近で「右側通行」の標示があるときは?

道路交通法では、自動車は左側通行、歩行者は右側通行というのが原則であり、これに従わないで自動車を運行してしまうと、高速道路での深刻な交通事故の原因として話題となっている逆走と同様ですので、道路交通法による罰則が適用されることになってしまいます。


しかし、すべての道路において、この左側通行が守れるかといえばそうではなく、場合によっては道路の幅員や形状などの関係で、この原則が物理的に守れないといったこともあります。
例えば、山間部を走っている勾配が急な道路のカーブの曲がり角の付近などですが、こうした箇所には「右側通行」として、路面に白いペイントで右側に向かう矢印のような標示がされていることがあります。
こうした標示がある場合については、例外的に、道路の中央から右側の部分を自動車が一時的に通行してもよいことになっています。
そのような例外的な措置をとらなければ、曲がり角を曲がりきれずに、道路下の崖に転落するなど、かえって事故を起こしてしまう可能性があるためです。
ただし、これは左側通行という原則に対する例外ですので、かならず対向車と衝突しないということを確認した上で走行する必要があることはいうまでもありません。

Comments are closed.