【知っておきたい】軽車両の通行場所

自動車の場合では、必ず道路上を走行することが求められています。一般的に言う横断歩道に関しては、安全性を確保した上では、横切ることは可能とされており、交差点などは日常的に用いられている部分としても知られています。自動車以外の車両の中には、軽車両と呼ばれているものがあります。


このタイプの車両は一般的に軽自動車と呼ばれているものとは異なるために、混同してしまうことが無いように注意したい内容を持っています。通常では該当する車両として、代表的なものでは自転車が相当することになります。自転車以外ではリヤカーや人力車、シルバーカーなども該当しています。これらの車両に関しては、道路の左側に設置されている路側帯を走行することが可能とされており、一般的な自動車では違反となってしまう部分になりますが、基本的には問題無く走行させることができます。しかし、道路によっては該当車両の進入を禁止している標識などが設置されている場所も存在しているために、常に確認した上で走行することが必要とされています。さらに歩行者の安全が十分に確保することができないような道路でも通行禁止とされている場合が見られるために、必ず注意を怠らずに走行の是非を確認する必要があります。

Comments are closed.