【知っておきたい】車の通行場所

バラ02自動車を運転する場合には、自動車で走行してよい場所と、走行することができない場所があるので注意が必要です。
運転免許証を取得する場合に、学科試験があり、自動車の通行できない場所も一度は勉強しています。
しかし、道路交通法の勉強などは免許証を取得する時にしか勉強しない方も多くいることから忘れてしまっている人も多く、警察から取り締まりを受けて初めて違反を知る人も少なくありません。
そこで、自動車で走行してよい車道と走行できない路側帯・歩道の区別をしっかりとつけておくことが大切です。


自動車は原則車道しか走行することができず、道路の両端に路側帯が設置されていることがあるのですが、路側帯に侵入して走行することもできません。
原則は、横切ることしかできず、駐車場などに入る場合に、一度一時停止をしてから横切るようにしなければなりません。
また、同一方向に複数車線ある道路の場合には、左車線を走行しなければなりません。
自動車は原則左側通行しなければならないと定められているのですが、例外もあり、中央線が引かれていない細い道路や一方通行の道路などは右側にはみ出して走行することが許されています。
道路交通法は毎年改正されているので、最新の法律を勉強することが警察に捕まらないための対策です。

Comments are closed.