【知っておきたい】車道通行の原則と例外について

自動車は車道通行が当たり前ですが、車道を通行する原則は自転車などの軽車両にも適用されます。車道と歩道が道路標識や道路標示などで明確に区別されている道路では、軽車両は車道を通行しなければなりません。また、軽車両が道路上を通行する際は、自動車と同様に左側通行を守らなければなりません。


この規定に違反すると、軽車両の運転者は3ヶ月以下の懲役か5万円以下の罰金を科されるので注意が必要です。
ただし、軽車両の通行に関する規則にも例外があります。まず、道路標識や道路標示によって歩道の通行が認められている場合は、その区間の歩道上を軽車両が通行することができます。自転車における普通自転車歩道通行可の道路標識と普通自転車通行指定部分の道路標示が設置されている歩道がこの例にあたります。また、13歳未満もしくは70歳以上の者と、身体に何らかの障害を抱えている人が自転車を運転する場合は、標識や標示の有無にかかわらず軽車両で歩道上を通行することができます。例外として標識や標示の有無に関係なく歩道上を通行できるケースはこの他にも、路上駐車の車両の列が続いていて車道の左側を通行するのが難しい場合、車道が狭い上に自動車の交通量が非常に多い道路を通行する場合などが挙げられます。

Comments are closed.